頭痛について
  1. ホーム
  2. 種類

頭痛の種類

頭痛頭痛には心配のない症状と放っておけない症状があります。
放っておけない症状は、すぐに病院へ!

放っておけない症状

何らかの病気が原因の場合。

目安は

  • 日を追うごとにひどくなる場合
  • いつもと様子の違う痛みがした場合
  • 頭痛のほかに別の症状もある場合
  • 頭痛経験なかったのに、痛みが出始めた場合

脳の病気がある場合

  • 救急車急に強く、鈍い痛み。
    めまい、吐き気、おう吐、視力異常、しびれ・マヒを伴うもの
  • だんだん痛みが強くなる
    ⇒いつもと違う痛みのときは必ず病院(脳の専門病院)へ
  • 立っていると激しい頭痛。
    横になると和らぐ⇒病院へ
    (脳脊髄液減少症の疑いあり)

例;脳卒中、脳腫瘍、髄膜炎など

目や鼻に原因のある場合

  • 鼻づまりなど鼻の症状を伴う場合⇒耳鼻科へ
    (蓄膿症や慢性鼻炎の疑いあり)
  • 吐き気、目の強い痛み、目のかすみが伴う場合⇒眼科へ
    (緑内障の疑いあり)

血管、血液の病気、中毒など

  • 絶えず続く痛みに、めまいを伴う

その他

  • 風邪
  • 二日酔い など

心配のない頭痛

頭痛検査を受けても何の異常も見つからない。
頭痛持ち(慢性頭痛)』でかたづけられタイプ。
8割以上がこのタイプです。

タイプにより原因や対処が違います。
タイプ別チェックで先にチェックしてくださいね。

また、最初は、緊張型から、片頭痛に移行する場合もあります。
ひどくなる前に、早めの対処が大切ですよ。

緊張型頭痛

筋肉の緊張やストレスにより、頭全体が締め付けられる痛み。

肩や首のこりを伴うことが多い。
幅広い年代でみられ、3タイプの中で最も多いタイプです。

⇒詳しくは、緊張型頭痛へ

片頭痛

月に数回、繰り返しおこる。
頭の片側あるいは、両側が脈打つようなひどい痛み。

吐き気を伴うことも。

女性に多いです。

⇒詳しくは、片頭痛へ
偏頭痛

郡発頭痛

群発地震のように、一定の時期に集中して起こる。
いったん痛みが起こると一日のうち何度も激痛が起こる。

男性に多い。

⇒詳しくは群発頭痛へ

その他

  • 頚性神経筋症候群・・・首の付け根周辺の筋肉の緊張が原因
  • 顎関節症が原因
  • うつが原因  など

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る