頭痛について
  1. ホーム
  2. 種類
  3. 緊張型頭痛
  4. PC使用時の姿勢

姿勢が悪いと肩こり⇒頭痛に

肩こりと頭痛肩こりがひどくなって頭痛が起こる「緊張型頭痛
主な原因がパソコン。

今や仕事にプライベートに大活躍。
でも、体には悪い道具。

そこで、パソコン使用時の姿勢が重要ですよ。
*自力で頭痛解消が無理な場合は、カイロプラクティックでケアを!

パソコン使用時の姿勢

PC時の姿勢
パソコン使用時の姿勢
  1. 目とディスプレイの距離を40㎝以上離す。
    作業に集中し出すと、あごを突き出すように、顔が画面に近づける。
    これは首や肩に非常に負担をかけるんです。
    深めにイスに腰をかけて、背もたれを利用するといいですよ。
  2. ディスプレイが目の位置より下になるようにする。
    まぶたを全開にしなくても画面が見れるため、ドライアイにもいいですよ。
  3. 腕を90度以上に曲げたとき、キーボードに自然に手指が届くようにする
  4. 腕を机や机の肘で支えられるようにする
  5. 手首を置くアームレストなどを利用する
  6. 新聞の文字が楽に読める程度の明るさにする
  7. 画面を正面にする
    足を組むのはダメですよ

書類の位置

書類を見ながら、入力することが多いと思いますが…

書類は、キーボードの手前に置くよりも、 キーボードとディスプレイの間に置いた方がいいですよ。
バインダーを使い、書類を立てかけるとさらに見やすくなリますよ。

ノートパソコン

外付けのキーボードを使い、ノートパソコン本体は台にのせ、目線が高くするといいですよ。

ノートパソコンは、デスクトップよりも悪い姿勢になりがち。
くれぐれもご注意を。

スマホやタブレット

従来のケータイよりも、下を向く角度が大きくなりがち。
角度が大きくなるほど、首への負担も大。
ストレートネックにもなりやすいですよ。

スマホスマホと首の負担
スマホ使用時の姿勢
  • 寝ころびながら、高枕での操作NG
  • 机の上では、本などに立てかけて使用
    (スタンドの使用)
  • 座位で、膝の上での操作はNG
    (机の上や荷物を置いた膝の上で操作する←目線が高くなる工夫を)

長時間使用しないのが一番いい。
そして、使用するときは、少しでもマシな体勢を心がけてくださいね。

疲れがたまってきたな~と思ったら、
ストレッチや 湯船でゆっくりなんかもいいですよ。

*自力で頭痛解消が無理な場合は、カイロプラクティックでケアを!

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院Tel:06-6699-9811Tel;06-6699-9811
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

お客様の声はこちらです。

追伸

スマートフォンやノートパソコンは、デスクトップを使用する以上に、姿勢が悪くなりやすいです。
体のことを考えるならば、なるべくデスクトップを選ぶようにしてくださいね。

「緊張型頭痛」に戻る、 「片頭痛」に戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る